動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】ジェシカ・ジョーンズ シーズン1 第4話 「99人の能力者」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171217133540j:plain

自分のことをスパイを使い盗撮していたことを知り、スパイの正体を突き止めようと奔走するジェシカが、最後に突き止めたスパイの正体に驚愕するといったエピソードですが、そのメインパートに絡みシンプソンが再び現れたり、新たな依頼人の登場で混乱していくというストーリー。

ジェシカ・ジョーンズ シーズン1 第4話のあらすじ

新たな依頼人

冒頭、キルグレイブがスパイを使って自分を盗撮していることを知ったジェシカは、スパイの正体は一体誰なのか、『あの部屋』の写真を元に街中を歩き突き止めようとする。

そんな中、新たな依頼人がホガースの事務所のデズモンド・トビーからの紹介ということで事務所にやってきます。オードリー・イースマンと名乗る女性の依頼内容は、浮気している夫と離婚するために、夫が浮気をしている現場写真を撮ってきて欲しいとのこと。

f:id:douga-haijin:20171217144736j:plain

ジェシカにとっては、ごくごく簡単な仕事内容に思われる案件。
が、しかしホープの一件でキルグレイブが背後にいる可能性を否定できないため依頼を引き受けることを躊躇しますが、とりあえず依頼を引き受けることにしたジェシカ。

心の傷

その頃、トリシュの部屋の前には前回のエピソードでトリシュを襲った警官のシンプソンが現れドアを無理やり開けようとしている姿。自分がトリシュを殺してしまったのではないかと疑心暗鬼な彼は、部屋に遺体があるのではないかと自分の不可解な行動を確認しに来ていたのです。

しかし再びキルグレイブからの刺客として自分を殺しに来たのではないかと思ったトリシュはドアを開けることができずジェシカに連絡を取り、避難室へと逃げ込むトリシュ。そこへ駆けつけたジェシカが彼らの様子を確認すると洗脳されていなことが分かりドアを開けますが、自分が殺したはずのトリシュの姿を見ると、事情が掴めないシンプソンに説明をするジェシカ。

f:id:douga-haijin:20171217145021j:plain

そこでキルグレイブという洗脳能力を持つ男の存在を知ったシンプソンは、キルグレイブ逮捕に協力を申し出ますが、その申し出を断るジェシカ。しかしその後、監視カメラに自分を盗撮している男が映し出されているのではないかと考えたジェシカは、シンプソンに連絡を取り監視カメラの映像を入手することになります。

その後もシンプソンは、人を守り助けることを信条としてきた自分が人を殺そうとした事実に対し、心に消えることのない大きな傷を抱えることとなり、再びトリシュの部屋を訪ねてきます。しかしトリシュにとってもキルグレイブの恐ろしさを身をもって体験したことで心に大きな傷を負っていることから、なかなかドアを開けることが出来ません。

それでもドア越しに話をしていくと、最終的にシンプソンの誠意を感じ取ることができたジェシカは、ドアを開けシンプソンを部屋に招き入れるのでした。

謝罪

一方、キルグレイブの底知れぬ恐怖に怯える日々を送るトリシュは、ジェシカの提案で非常に屈辱的なことではありますが、自分のラジオ番組でキルグレイブに向けた謝罪の言葉を伝えることに。すると、その後ジェシカの前に幼い少女が現れ「謝罪を気に入った。トリシュは安全。」というギルグレイプからのメッセージを受け取るのでした。

f:id:douga-haijin:20171217175743j:plain

後悔

そんな日々を過ごしている傍ら、事務所に戻ったジェシカはふと自分を振り返ります。
キルグレイブにより私生活などプライベートを盗撮される事への嫌悪感を味わったジェシカは、過去自分がルークに対してストーカー的な行為をしていたことを悔い「ルークを尾行した過去を消したい」とルークの写真をパソコンから消しながら自己を顧みるのでした。

反響

その後、ホガースにより呼びされたジェシカは、ホガースの事務所を訪れますが、その光景はいつもとは違い多くの人が詰めかけていました。

これは前回放送した、トリシュのラジオ番組に対する大きな反響の表れでありますが、中にはキルグレイブを隠れ蓑として自己の行った行為を正当化しようとするものも混じっていたことから、キルグレイブという男の本質を知るジェシカが嘘つきと本当の被害者をふるいにかけることになります。

f:id:douga-haijin:20171217173258j:plain

その内容は、「キルグレイブに妊娠させられた」「2日間ミスをするまでずっとチェロを弾かされた」「赤く目が光った」など様々でしたが、最終的に本当の被害者だけが残り、その後自然な流れで「キルグレイブ被害者の会」が結成されていきます。しかし、後にこのことがキルグレイブのスパイを突き止めるための大きな役割を果たすことに。

それと同時に、前回「被害者が声を上げやすいよう世間を動かして」とホガースに頼んだことが実を結ぶ形にもなるのでした。

浮気調査

さて、一方の浮気調査。
ジェシカは、まずオードリーの背後にキルグレイブが関わっていないか確認するため、紹介元であるホガースの事務所を訪れ信頼できることが確認できた後、オードリーの尾行を始めます。

それはキルグレイブの洗脳効果時間が最大で12時間であることを知るジェシカが、その時間内にキルグレイブがオードリーに接触をしてこないかをどうかを確かめことに目的があったのです。その結果、人目を偲んで射撃訓練を行っているといった行動も見受けられたもののキルグレイブからの接触はなかった為、本格的に浮気調査を開始するジェシカ。

逆恨み

そして、オードリーの夫がホテルへと入っていくのを確認すると、あとは現場の証拠写真を撮るだけで良かったはずだったのですが、いざ部屋に入ろうとするとオードリーから電話がかかってきます。電話に出てみるとおかしなことに気づきます。その声は部屋の中から聞こえてくるのです。

部屋に踏み込んでみると、尾行してきた夫は、浮気相手ではなく妻のオードリーと一緒だったのです。それと同時に銃をジェシカに向けるオードリー。

f:id:douga-haijin:20171217194524j:plain

どういうことなのか事情が掴めないジェシカでしたが、オードリーが真相を話し始めます。

新聞は、あなた達を街を救ったヒーローだと称えるが、私の母はあなた達が壊した建物の下敷きになって・・・助け出そうとしたけど、大量出血で死んだ。あなた達が瓦礫の雨を降らせている中でね。

映画「アベンジャーズ」のニューヨークの戦いのこと

そこにはいなかったジェシカ・ジョーンズにとっては尚の事、完全に逆恨みとしか言えないような、能力者に対しての復讐劇にジェシカは「大事な人を失ったのは、あんただけじゃない」と完全にキレます。そして自分の能力を見せつけるように叫びながら部屋のものを破壊するジェシカ。

f:id:douga-haijin:20171217194656j:plain

そして最後に

99人よ。何人いるか聞いたわよね。この区だけでも99人仲間がいた。その全員が、あんたのしたことを知ることになる。きっと許さないでしょうね。決して。警察も黙ってないわ。だって違法だもの。

できることは1つだけ。消えて!二度と私や仲間たちに関わらないで。忠告を聞いたかどうか明日、仲間と確かめに来るわ。

と、オードリー夫婦を恫喝して、その場を後にするジェシカなのでした。

キルグレイブ 被害者の会

その後ホガースから例の『キルグレイブ被害者の会』に新しいメンバーが加わったことを知らされ、渋々ながらもその会に参加するジェシカでしたが、その新しいメンバーから、スパイを突き止めるための手がかりを見つけるこになるのです。

f:id:douga-haijin:20171217194942j:plain

辿り着く先に・・・

新しく加わったメンバーの話によれば、「毎日キルグレイブに写真を届けていた青と白のマフラーをした男がいた」とのこと。その話を聞いたジェシカは、すぐさま事務所へと戻り監視カメラの映像を見直すと、そこに映っていたのは、何とっ!同じアパートに住むマルコムだったのです。

そして、そのことを確認するためマルコムの部屋に忍び込んだジェシカは、そこに自分の写真があることを確認すると、その写真を見ながら涙するジェシカなのでした・・・エンディング。

f:id:douga-haijin:20171217195158j:plain

ジェシカ・ジョーンズ シーズン1 第4話の感想

今回もキルグレイブに対する描写がすこぶるいい感じに表現されていましたね。
「ずっとチェロを弾かされた」「ずっと笑顔を作らされた」など鬼畜感とサイコパス感が、ひしひしと伝わってきます。こういったキルグレイブの描写によって、ジェシカが感じている底知れぬ恐怖感といったものを共感させようとするのは上手ですね、本当。

また、ただの洗脳されただけの警官で終わるのかと思っていたら、その後もしっかりとドラマのストーリーに食い込んできてみたり、はたまたただのジャンキーが意外な所でキルグレイブとつながっていたりと登場人物の設定が実に見事さを感じさせます。

こういうこまかなところが、もしかしてジェシカ・ジョーンズという作品を面白くさせている要因かもしれませんが、どんどんその世界に惹き込まれていく自分がいます。

やはりこういう心理描写を描く作品というのは一見すると間延び感みたいなものが出てしまいがちですが、意外な人物が意外な所で絡んでくる面白味があります。

さて、これでキルグレイブのスパイがマルコムだということが分かり、ジェシカは今後どのような行動をしていくことになるんでしょうか? とりあえずはマルコムを起点にしてキルグレブを見つけ出そうという動きになるかと思われますが、次のエピソードをさっそく見ていきたいと思います。ではでは。