動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】スーパーガール ネタバレ シーズン1 第3話 「マイウェイ」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171203141106j:plain

グラントとのインタビューにて自分がスーパーマンとは、いとこの関係だということを、つい口を滑らせてしまったことで、ニュースでは大々的に報じられ、ついにはスーパーマンの強敵の一人である『リアクトロン』をナショナル・シティに呼び込んでしまうという騒動に発展してしまう、といった感じのエピソード。

スーパーガール ネタバレ シーズン1 第3話のあらすじ

独占インタビュー

前回のエピソードにてグラントを車ごとビルの屋上まで連れていき、これからインタビューがはじまるぞっ!て時にエンディングを迎えてしまっておりましましたが、冒頭、その独占インタビューからのスタートなります。

インタビューがいざ始まりグラントは、録音をしながらスーパーガールへの質問をしていきますが、その内容がスーパーガールの意に介さないような質問ばかりで、つい「いとこにも、そんな質問を?」と自分がスーパーマンのいとこであることを、つい言ってしまうのです。

f:id:douga-haijin:20171203145126j:plain

思わず口を滑らせて言ったしまったことに慌てたスーパーガールは、インタビューは終わりよと言ってグラントと車をビルの屋上に残したまま、空に飛び立って行ってしまいます。

翌日、朝食をカフェで食べていると昨晩のインタビューのことは何も知らないアレックスに「軽々しく正体を明かさないで。知る人が少ないほど安全なの。」と諌められますが、そのタイミングで『スーパーガールはスーパーマンのいとこ!』ということを報じているTVニュースが大々的に流れるのでした。

その後会社に出社してみると、デイリー・プラネットを出し抜き、スーパーガールの独占インタビューをしたグラントは満足げ。そして、月刊誌での特集はおろか盛大な記念パーティも開くからと、その準備を指示されるカーラなのでした。

リアクトロン

世間では『スーパーガールはいとこ』という話題で持ちきりの中、アレックスやウィン、さらにはDEOに行けばヘンショウにも「インタビューなんて正気か?次は暴露本かリアリティ番組にでも出演する気か?」と言われちょっと凹んだりする中、高速道路で玉突き事故が発生したという情報が入ります。

するとさっそく張り切って現場に向かカーラ。
難なく要救助者を助け、無事任務遂行!と思いきや、空からやってきたパワードスーツに身を包んだ男によって吹き飛ばされてしまうのです。

f:id:douga-haijin:20171203162140j:plain

この男どうやらスーパーマンとの因縁があるらしいことをほのめかしますが、次の瞬間には腕から高濃度の核エネルギーを発射しカーラに攻撃を仕掛けてきます。そこから戦闘モードに突入するわけですが、これがなかなか手強い。それでも必死の戦いを繰り広げる中、パワードスーツの一部を破壊したことにより攻撃不可となった男は再び空へ逃げていってしまうのでした。

DEO(特異生物対策局)

DEOの調査によると、その男は『リアクトロン』と呼ばれ数年前にメトロポリスに現れたとのことではありますが詳細は不明。ただスーパーマンと互角に戦えるだけの力があり、彼に対し憎しみを抱き執着しているということだけ分かっているようです。

ただ、DEOという組織は、対エイリアン組織であるため人間である『リアクトロン』に対し積極的には対処する姿勢がないようです。

カーラの決意

そんなDEOの姿勢に納得いかなまま翌日、会社に出社したカーラ。
スーパーガールの記事を執筆中でピリピリムードのグラントがいるさなか、ウィルに呼ばれついていくと、そこにはスーパーガール専用の部屋を用意していたのでした。

そしてすぐさま『リアクトロン』の情報を伝えるウィン。ジェームズはクラーク(スーパーマン)でさえ殺されかけた程の相手であるため、「スーパーマンに助けを求めるべきだ」と進言しますが、『スーパーガールになることの意味』を考えていたカーラは、いとこに頼らず自分自身で戦い、その結果を評価されたいのだと告げるです。

f:id:douga-haijin:20171203180717j:plain

後にグランドの前でも次のように語っています。
「困った時には誰もがスーパーマンを呼ぶけど、スーパーマンの代替なんかではなく自分のことを頼って欲しい。スーパーマンはヒーローだけど自分だって彼と同じヒーローなのよと。」

まさに今回のエピソード邦題タイトルである『マイ・ウェイ』ということですね。

ロード氏、誘拐

その頃、超ハテク企業であるロード・テクノロジー社に『リアクトロン』が、空から侵入してきて故障したパワードスーツを修理するため、核分裂の専門家でありロード・テクノロジー社の社長でもあるロード氏が連れさらわれるという事件が発生。

DEOが動いてくれないことでカーラは何の情報も得られないままどうすることも出来ませんでしたが、そんな時にアレックスがDEOには内密で動き、カーラに情報をもたらしてくれるのでした。

ベン

その情報によると
5年前、テロリストに襲われたベイカーライン原子力発電所が関係していることが判明し、スーパーマンの活躍によりメルトダウンは逃れたものの施設内には放射線が充満し技術者2名が犠牲に。そして犠牲者となった夫婦の写真を見ると、死んだと思われていた『ベンがリアクトロン』だと分かるのです。

f:id:douga-haijin:20171203181048j:plain

完全なる逆恨みではありますが、奥さんが死んでしまったことでスーパーマンを恨んでいるということなのでしょう。

その後ウィルによって『リアクトロン』は廃品置き場にいることが分かり、カーラはすぐに向かおうとしますが、ジェームズは「ロード氏の救助だけに専念し、リアクトロンには構うな」と忠告を。しかし忠告には耳を貸さず『リアクトロン』のいる廃品置き場に向かうカーラのでした。

苛立ち

現場に到着するとまずはロード氏を救助することには成功しますが、リアクトロンとの戦いになると全く歯が立たずやらてしまい意識を失いそうになる中、スーパーマンが助けに現れた姿を見ながら意識を失ってしまうのでした。

その後、自宅にて意識を取り戻したカーラが、テレビのニュースに目をやると、そこには救助されたロード氏がインタビューを受け、『スーパーマン』によって救われたと話している姿を目にしてしまうことに。さらには、ジェームズがスーパーマンを呼んだことを知ったカーラは激怒。ジェームズを家から追い出してしまいます。

f:id:douga-haijin:20171203184511j:plain

そして、「これじゃダメなの!」と自分に対する不甲斐なさを感じていると、グラント主催のパーティがすっかり始まっていることを思い出し急いでパーティ会場に向かうカーラ。

最終決戦

パーティ

パーティ会場に着くとグラントには遅刻してしまったことはバレバレでしたが、ウィンの助けもありパーティを楽しんでいる様子。そして、会場にはロード氏も来ておりグラントとダンスをしたりとパーティは進んでいきます。

そして、ジェームズと仲直りのダンスをしていると、突如としてパーティの様相が一変! そこに『リアクトロン』が現れたのです。彼の狙いはスーパーガール。

対決

f:id:douga-haijin:20171203194039j:plain

さっそくドレスからスーパーガールのコスチュームに着替え、リアクトロンと対峙するカーラですが、やはり一方的に攻撃を受け不利な状況になっている中、ジェームズが自分をオトリにしリアクトロンを会場の外へと誘導すると、DEOからリアクトロンの弱点に関する連絡入ります。

その情報によると「彼の動力源がカギであり、胸に入ってるデーモン・コアは、プルトニウムの塊。外せば停止する。しかし外した途端にメルトダウンを起こしてしまう為、コアを取り出す前に鉛で覆うことで防ぐことができると』と。

そこでカーラは、パーティ会場にあった銅像を光線で熱し、自分の手を鉛で覆ってリアクトロン対策を準備。すぐにリアクトロンを追います。そして、多少やられはしましたが、何とかコアを外すことに成功し戦いに勝利するカーラ。

恋の行方

その後DEO本部に行き、アレックスとヘンショウに礼を言うカーラ。
どうやらヘンショウも人間の悪党であっても戦うスーパーガールに協力することを認めてくれたようです。

そして、勝利のお祝いをとジェームズのところへ喜び勇んで向かっていくと、そこにはジェームズの恋人らしき別の女性(ルーシー・レイン)がいたのです。密かに恋心を抱いていたカーラはショックを隠しきれない様子ですが、そこにクラーク(スーパーマン)からのメールがデスクに届きます。

f:id:douga-haijin:20171203194437j:plain

どうやらあの時にカーラを助けたクラークも、カーラの気持ちを十分、理解していたようすで、そのメールによりカーラは再び勇気をもらうことができたのです。

その後は、ジェームズとは祝えないことで、アレックスと時間をともにすることになりますが、グラントの記事を読んだアレックスが「こき下ろしながらも敬意がある」と。そして「自身を持って。スーパーマンにはやれないことをしてる」と。そんな言葉にちょっぴりうれしく思うカーラなのでした。

スーパーガール ネタバレ シーズン1 第3話の感想

やっぱスーパーガール面白い! 今まで見るのを避けていた自分に、もっと早く見ろっ!と言ってやりたい気分です。

やっぱテンポがいいからですかね。あるいは、ずっとネフリでダークな部分を扱ってる作品ばかりを見てきた反動なんでしょうか? こういった女性が主人公のヒーローものっていうのが露骨に表現されているのを見るのが気持ちいって感じなのですよ。

キャラ設定もドジっ子みたいな感じですしね。

それはそうと、インタビューシーンの後、カーラは一人で飛んでいっちゃいましたけど、グラントと車は、あの後どうなってしまったんだろう? 無粋なツッコミかもしれませんけど、何気に気になってしまいました。

しかもグラントでってイヤなタイプの女と思いきや、なんかどっかに暖かさみたいなものがあったり、カーラとのコンビも最悪であるがゆえに相性が結構良かったりなんかして二人の掛け合いも楽しんでます。

時間があれば次から次へとエピソードを見ていきたいところですけど、とりあえずは何の情報も自分に入れず(アローとかフラッシュからの情報を除く)まっさらな状態で1つ1つ楽しんでいこうと思います。