動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】スーパーガール ネタバレ シーズン1 第13話 「ロスト・ファミリー」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171209225045j:plain

植物のような謎の寄生生物に襲われ、体に取りつかれた状態になってしまったカーラは、幸せに家族とクリプトン星での暮らしをしているという夢の中に閉じ込められてしまうのですが、そのことで巻き起こる会社での出来事、そしてアレックスとの絆などが試されるエピソードになっております。

スーパーガール ネタバレ シーズン1 第13話のあらすじ

プロローグ

冒頭、いつもとは違った様子で目を覚ますカーラ。目の前に看護担当ロボット『ケレックス』が現れたり母アルーラの姿があったりと地球の様子とは全く違うことに驚いている様子。そしてしばらくすると今までずっと夢見ていたクリプトン星で生活そのものが目の前で繰り広げられていることに気づくのです。

f:id:douga-haijin:20171210043310j:plain

会社ではカーラが無断で会社を欠勤していることに『おこ』なキャット様。そして事情が掴めないウィンとジェームズはアレックスに連絡を取り自宅へ行ってみると得体の知れない有機体に胴体が絡みついているカーラの姿を発見。急いでDEO本部へとカーラを運びます。

この黒幕はロード氏ではないかと疑ったアレックスは、勾留中のロード氏の元へ向かい問いただしますが、どうやらロード氏もこのことは知らない様子。そこでこの奇妙な生物を無理やり引き剥がそうとするとカーラは激しく痙攣をおこしてしまい命の危険すらあるとのことで出来ずじまい。

ブラックマーシー

どうやらこれは、ノン副官がカーラに送り込んだ『ブラックマーシー』と呼ばれる寄生型の地球外生物らしい。

f:id:douga-haijin:20171210043454j:plain

『ブラックマーシー』に寄生され夢の中のカーラは、何かがおかしい、こんなはずはないとこうなってしまった原因を探り突き止めたら家に帰るわ。と言うカーラですが・・・。

ハンクがカーラに

一方会社ではカーラが不在の間、いかにしてカーラの仕事を守ればいいか思案に暮れるウィンとジェームズですが、「カーラが1時間以内に出社しなければクビだ」とキャットに言われてしまうことに。

この状況を聞いたアレックスは「カーラにとって会社は命。普通の暮らしが送れる場です。私たちには、カーラの居場所を守る責任がある。」とハンク長官に話し、その変身能力を使いカーラに成りすますことになったハンク長官。

f:id:douga-haijin:20171210044041j:plain

そしてカーラとして会社へ向かったハンク長官。
「アシスタントの仕事をした経験は?」と問われると「私はDEOの幹部だ。キャットの相手ぐらい出来る」とタカをくくっていましたが、いざキャット様と相対すると「囚人の相手の方が楽だな」とつい愚痴をこぼしてしまいます。

アストラの思い

一方、夢の中のカーラは必死に元の居場所へ戻ろうとしますが、だんだん薄れていく記憶と、母親に加え父親、そしてアストラやカル=エルまでも目の前に現れ話すことで夢の世界が現実なのではないかと思い始めてしまうのです。

すると何とかカーラを救う手がかりはないかと苦悩しているアレックスの前に突然、アストラが姿を現し「カーラには借りがあるため、彼女を助けるために来た」と言い、その情報を伝えるのです。

f:id:douga-haijin:20171210044336j:plain

アストラからの情報によるとカーラをこの世界に引き戻すためには、『カーラ自身が夢を拒否するしかない』とのこと。

アレックスの思い

そのことをアレックスは、ハンク長官、ウィン、ジェームズに話し、自分がカーラを引き戻すために夢の中に入ると言い出します。当然ハンク長官は反対しますが、結局アレックスの熱意にも押され了承することに。しかしハンク長官には、もう1つなさなければいけないことがありキャットと再び相まみえることに。

それはアレックスが夢の中に入ることになればハンク長官は会社に居ることが出来なくなるため、キャットに会社を早退させて欲しい旨を伝えにいくことだったのです。

ヘタな猿芝居をしてなんとか許可を取ろうとしますが、そんなことはキャット様に通じはしません。それでも最後には何とか早退許可をもらい、いざカーラ救出へ。

そしてカーラを夢の中から救い出すまでは絶対に戻ってこないという決意の元、意識を共有する装置を装着したアレックスはカーラの夢の中へ。

f:id:douga-haijin:20171210044630j:plain

なんとかカーラの夢の中に同調することが出来たアレックスですが、そこにはすでに夢を現実として受け入れてるカーラの姿があり、説得を試みるも逆にカーラに頭を殴られてしまいます。

その瞬間、現実世界では異変の起こったアレックスを呼び戻そうとしますが、ジェームズがそれを止め、何とか事前に言われていた「カーラと戻るまで絶対に止めさせないで」という約束を守ろうとします。

それでもハンク長官はアレックスの身を案じ引き戻そうとしますが「妹を救う機会を奪ったら彼女は一生恨みますよ。アレックスは妹に似てる。必ず打開しますよ。彼女を信じましょう」という言葉にハンク長官もアレックスを信じることにするのでした。

夢の中では意識を取り戻したアレックスは身柄を拘束され、スパイ容疑としてファントム・ゾーンへ送られるという刑が言い渡されますますが、アレックスはカーラを現実世界に引き戻そうと必死に説得を続けます。そして『スーパーガール』という言葉をきっかけとして徐々に記憶が呼び起こされていくカーラ。

f:id:douga-haijin:20171210045021j:plain

そしてついには「現実であってほしかった。皆と居たかった。でも現実じゃない。」と夢を否定し始めたカーラ。しかし母アルーラがそれを止めようとすると、母アルーラに対し「強くなれと教わった。強くなれたわ。ありがとう。クリプトンを忘れない。愛してる。」と言い別れを告げアレックスに手を伸ばします。

しかし、アレックスが手を掴もうとした瞬間、アレックスは現実に引き戻され、気が動転してしまい取り乱すアレックス。そのときカーラに寄生していた『ブラックマーシー』がカラダから離れ朽ち果てていくのと同時にカーラは現実へと戻ってくることが出来たのでした。

カーラの怒り

ただ、それと同時にカーラは家族を二度も失ってしまうという深い絶望を味あわせたヤツがノンだと知ると、ノンに対する怒りを激しくするのでした。

f:id:douga-haijin:20171210045310j:plain

ウィンによれ太陽嵐による地球の衛星回線が混乱に陥ることを利用して『ロード・テクノロジー社』のサーバーにウィルスを仕込みネットワークの遮断させようとしているとのこと。そして、次のターゲットとなる場所はロード氏によるとロード社の6つの中継地点である可能性が高いことからさっそくDEOの部隊を向かわせるハンク長官。

そしてノン副官は私がやると怒りに燃えるスーパーガールとクリプトナイトが仕込まれた刀を手にするアレックス。

その後ノン副官を見つけたスーパーガールは、「あなたが何をしたのか分かってる? 私は家族をまた失ったのよ! 私が大切にしていた世界を!」と叫びながら怒りモドード爆発で鉄拳制裁をするカーラですが、目的を果たせたことからスーパーガールとの戦闘は避けどこかへ姿を消すのでした。

別れ

一方、アストラを見つけると、「あなたとは戦いたくない。今まで私やカーラを殺そうと思えばいつでも殺せたのに殺さなかった。私たちの力になって。」と説得を試みるアレックスですが、そこにジョン・ジョーンズも参戦し、アストラが装置をセットした後、一騎打ちの様相を呈します。

しかしジョンはアストラにやられてしまい「恐れることはない。名誉ある戦死よ。」と最後のトドメをさそうとした瞬間、ジョンを守るため背後からクリプトナイトが仕込まれた刀でアストラを貫くアレックス。

f:id:douga-haijin:20171210045507j:plain

そしてアストラの最期に立ち会わせるためカーラを呼ぶアレックスですが、現場についたカーラがアストラを確認すると、咄嗟の判断でハンク長官がアストラを刺したのは自分だ。とカーラに嘘を告げるのです。

そして、もう長くはないアストラの元へ駆け寄るカーラは、最後にこう告げるのです。

「夢の中にいたとき、あなたもいたわ。敵としてではなく家族としてね。」
最後は敵としてではなく家族として愛する、そして愛されるカーラの腕の中で息を引き取るアストラなのでした・・・。

f:id:douga-haijin:20171210045800j:plain

その後アストラを殺された報復からか他の中継地点に向かった部隊は全滅との連絡が入りますが、その時アレックスは、ウソをついた理由を確認すると「君には、これからも彼女のヒーローであってほしい」と告げるハンク長官。

家族

家に戻ったカーラですが、そこで待っていてくれたのはウィン、ジェームズ、アレックス。

夢の中で再び家族や大切にしてきたものを再び失い、さらに敵ではあったけれど家族でもあったアストラを失ったカーラを心配して集まってきたのです。そこで、カーラはなぜクリプトン星のことが夢の中ででてきたのかを皆に話します。

「地球は好きよ。ただ最近、私は寂しさを感じてた。地球に来たばかりの頃みたいに。だから当時と同じ夢を見た。夢から戻ってきたのは、皆が大好きだから。家族よ。実感したわ。やっぱり家が一番だってね。」

f:id:douga-haijin:20171210050023j:plain

そしてギクシャクしていたカーラとウィンの関係も解消されることに。ただ1つ問題があるとすれば、カーラの留守中、会社に居たのはハンク長官だったということなのでした・・・エンディング。

スーパーガール ネタバレ シーズン1 第13話の感想

いやまぁ~今回のエピソードは泣けるシーンが満載って感じで思わず引き込まれてしまいましたね。特にアストラが死んでしまう最後の別れのシーンは良かった。やっぱアストラは最後いい人として死んでほしかったからなぁ~。まぁ~ちゃっかりミリアド計画の装置はセットしちゃってましたけどね。

それと夢の世界での別れのシーン。さらに現実に戻ってきた後、アレックスとハグするのかと思いきや、怒りに満ちたカーラの表情は鬼気迫るものがあって引き込まれました。

それにしてもアレックスがしてしまったことをハンク長官がウソをついて自分がしたことにしましたけど、今後どのようなタイミングでカーラへ真実が伝えられることになるんだろう? そして真実を知ったカーラはアレックスのことを許すことができるんでしょうか? ちょっと気になります。

また、若干、あらすじで端折っちゃいましたけど、『ミリアド計画』とは一体どういうものなんでしょう? もう止められないみたいなことをアストラが最後に言ってましたが、それが人類を地球を救うことにどのような形で関係しているのかも今後、気になるところですね。

とりあえず最後はハッピーエンドになって良かった。また次のエピソードも楽しみ見ていきたいと思います。では。