動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】スーパーガール ネタバレ シーズン1 第14話 「ジャスティス」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171210121530j:plain

今回のエピソードは、フォート・ロズに収監されていた元囚人たちが次から次へと殺されると言った宇宙人連続殺人事件に端を発し、それぞれが真実と正義といったものを迷いながらも貫こうとしていくストーリーで、その中に新キャラのシヴォンと女性が登場してみたりといった感じのエピソード。

スーパーガール ネタバレ シーズン1 第14話のあらすじ

プロローグ

冒頭、部屋でくつろぐアレックスとカーラの二人。そこでカーラは改めてアストラを失ってしまった悲しみを語しますが、それを聞いてるアレックスは、良心の呵責に耐えかねてか、本当のことを話そうとします。するとその瞬間、ノン副官が部屋に現れ「アストラのためだ」とカーラをどこかに連れて行こうとするのです。

アストラの葬儀

アレックスの反対を押し切りノン副官とともに上空へ向かうカーラ。
そこではアストラの葬儀が執り行われようとしており、女の遺族が葬儀を執り行うというクリプトン星のしきたりに従い「太陽のようだったあなた。我らの祈りが故郷への旅路を照らす。日が昇ればあなたを思い、夜、天で会えることを願う。ラオの御心のままに。」という死者への祈りを唱え、アストラを天へと見送る2人。

f:id:douga-haijin:20171210192501j:plain

そして喪が明けるまでの2週間は休戦することとなりますが、次に棺に横たわっているのはお前だ。と言い残しアジトへ戻るノン副官なのでした。

新たなアシスタント

翌朝、会社へ出社したカーラは、留守中にハンク長官が代理を行っていたこともありキャットに怒られるのは覚悟している様子ですが、いつものようにラテをオフィスへと届けようとすると見慣れぬネームプレートともう1つデスクがあることに気づきます。

そこへキャットが出社してくると、新しいアシスタントとして『シヴォン・スマイス』という女性を雇ったことを知らされます。キャット曰く「仕事が手に余っているようだからもう一人雇うことにした」とのことですが、No.1のアシスタントはシヴォンで、No.2がカーラという位置づけとなり動揺を隠せないカーラ。

f:id:douga-haijin:20171210200813j:plain

仕事に私情は持ち込まないと言っていたキャットですが、これは息子アダムを振ったことへの報復か? あるいはカーラに変わってアシスタントをしたハンク長官の態度と不手際に対する報復か?

意見の対立

それはそうと、キャットは最近、メディアに姿を現さなくなったロード氏に疑念を抱いており、どこかへ失踪したのではないか?と考えている様子。そこで、ルーシーには人脈を活かした情報収集。ジェームズにはジャーナリストとしてネタを見つけてくるように指示を出します。

ジェームズはロード氏がDEOに収監されているのを知っていますが、改めて法を無視したやり方でDEO及びカーラがロード氏を収監していることに対して激しくカーラと意見を対立させます。そして、その様子を見てニヤリと笑うシヴォンの姿。

仮面の男

その頃DEOでは、フォート・ロズに収監されていた囚人番号2444番であるフィリップスの捕獲作戦が進んでおり、アレックス以下DEO部隊が捕獲へと向かいます。

しかし、そこに待っていたのは拘束され「助けて、奴が来た」と怯えきっているフィリップスの姿。そして、仮面を被り黒のパワードスーツらしきものを身に着けた謎の男が現れます。謎の男は、DEOがくるのを待ち伏せていたようで、いきなり両腕から青い弾丸のようなものを発射し、DEOを攻撃し、そのままフィリップスを連れ去っていくのでした。

f:id:douga-haijin:20171210193957j:plain

どうやら仮面の男は、宇宙の高性能な武器を使っていることは分かりましたが、誰が何の目的でフィリップスを連れ去ったのかが分かりません。そこへスーパーガールが、「私をおびき出すためかも」と言いながらDEO本部にやってきます。

ハンク長官は、カーラの精神的疲労を心配し、休ませておくつもりだったのですが、カーラは「なぜのけ者に?休みたい時は申請します・・・。長官。」とアストラを殺したハンク長官に挑発的な態度を取るカーラ。

宇宙人連続殺人

その後、他に同様の誘拐事件がないか情報を求め地元警察を訪れるハンク長官とアレックス。

ウォーレン刑事はFBIを気嫌いしているのか、まともに取り合おうとはしてくれませんが、ドレイパー刑事によると同様の事件が確認されているだけでも5件発生しており報道はされていないが、どれも首を切られた後、川に捨てられており殺された者は宇宙人だという情報を教えてくれるのでした。

f:id:douga-haijin:20171210194313j:plain

宇宙人連続殺人が起こっていることが判明し、次のターゲットとなる宇宙人は誰なのか?調査を進めているとフォート・ロズの囚人番号順に殺されていることが分かります。そこで、次のターゲットとなる囚人を調べてみると囚人番号2445番であることが分かり、スーパーガールに向かってもらうことに。

すると、そこに仮面の男も現れスーパーガールとの戦いに発展しますが、仮面の男はパワードスーツにチェーンを仕込んであり、それを自在に使いこなすことでカーラとも互角の戦いを見せるのです。そして宙に浮かんだスーパーガールの手足をチェーンで縛り、その隙に囚人番号2445番の男を連れさり、どこかへと消えてしまうのでした。

真実

一方、キャットからロード氏の情報収集を指示されていたルーシーは、ロード氏失踪に関して秘密組織が関わっている可能性があることを突き止め、そのことをジェームズに話します。

ロード氏がDEOに収監されていることを知っているジェームズは、「このことは誰にも知らせるな。このネタは追わないほうがいい。これ以上ね。」とルーシーに助言しますが、納得できないルーシーに対し思わず「DEOに関わるな。」と言ってしまうのです。

f:id:douga-haijin:20171210194625j:plain

ルーシーはひと言もDEOということを言っていないにも関わらず、ジェームズがDEOの名称を口にしたことで、ジェームズが既に知っていたことに気づくのです。さらに、その情報源がスーパーガールであることも気がつき彼女との関係に疑いを持つルーシー。

ジェームズも何とか言い逃れをしようとしますが、カーラの正体を明かすことができないため、ルーシーを納得させることができず、ルーシーは、その場を立ち去ってしまうのでした。

その後、ジェームズが会社のオープンスペースで、一人思いに耽っていると、キャットが現れ駆け出しの頃、怖気づき圧力に負けてしまい真実を記事に書かなかったことで、人が死んでしまったという悲しい経験を語り、いまではそれを後悔しているという。だからこそ真実を伝えるべきだとジェームズにアドバイスするのでした。

このキャットの行動は、ジェームズとルーシーの会話を聞いていたシヴォンがキャットに相談したことで、このようなアドバイスを送り人として正しい道を歩むようにとの助言をしたのでした。

f:id:douga-haijin:20171210194822j:plain

真実と正義

このアドバイスを聞いたジェームズは、DEOにいるカーラの元を訪ね、
ロード氏勾留の件はやりすぎている。今やここは強制収容所となっている。
法的根拠もないのに人間を収監している。と、意見をしますがカーラは全く聞く耳持たずといった様子。それでもジェームズは続けます。

彼は恐れているんだ。こんな所に閉じ込める君の力をね。君は独房に乗り込み彼を叩き潰せる。そんなことはしないと分かってはいるが、君はどんな軍隊よりも強い。節度を持つべきだ。

地球を守る戦いは力比べじゃないし、知恵比べや根比べもない。最終的には価値観の戦いなんだ。君と敵の価値観のね。モラルを捨てたらロード氏と同じだ。それがヒーローなのか?

これを聞いたカーラは、それでも「世界を守るためなら何でもするわ」と。

この答えを聞いたジェームズは少し残念そうに「僕の知るスーパーガールは、真実と正義を信じてる。でも今の君は別人だ。胸のSマークは、誰もが共感する格言を表わしている。『結束は力』だろ? だがこれは違う。」と言われ、とまどいをみせますが、そこへ仮面の男の手がかりが見つかったことでアレックスに呼ばれ、その場を後にします。

f:id:douga-haijin:20171210195028j:plain

歪んだ正義

仮面の男の武器から地元警察のウォーレン刑事のDNAが付着していたことで、ウォーレン刑事を捕まえに行くことに。しかしウォーレン刑事とその相棒であるドレイパー刑事が乗っている車に行き、ウォーレン刑事を問い詰めていると、ドレイパー刑事が突然発砲し、アレックスとウォーレン刑事は撃たれてしまうのです。

そしてスーパーガールは捕らえられ、クリプトン星の赤い太陽光線に似たライトでパワーが奪われてしまう檻に閉じ込められてしまいますが、もう一人、そこには囚人番号2445番の男性も捕らえられていたのです。

そこで色々話していると、彼は『スターヘイブン』という星の宇宙人であり、病気の妻の高い治療費の為に麻薬取引に手を出して最初の取引で捕まってしまったようです。しかし罪を重ねることは惨めな人生になることに気づき地球では正しい生き方を心がけ今では教授として天体のことを子供たちに教えてるとのこと。

f:id:douga-haijin:20171210195538j:plain

同じ頃、防弾チョッキのお陰で意識を取り戻したアレックスは、DEO本部に戻ります。今まで連れ去られた囚人達は、拉致後12時間で殺されていることから落ち着かない様子ですが、ふとしたひらめきからドレイパー刑事は元囚人ではなく看守であったことを突き止めます。

救出作戦

どうやら狙いはフォート・ロズ刑務所の再現にあるようですが、ドレイパーのGPS信号を解析した結果、130キロ北東の山小屋に居ることが分かり部隊を連れ現地へ向かうアレックス。

しかし現地に到着しいくら探しても誰一人として見つかりません。途方にくれようとした瞬間、地下から明かりが漏れているのをアレックスが見つけ、床を剥がしてみると、地下に宇宙船があったのです。

一方、ドレイパーは囚人番号2445番の教授を正義の名のもとに刑を執行しようとしておりカーラも必死に止めるよう説得しますが、レバーを引こうとしたその瞬間、アレックスが爆薬を使い船の上から現れます。

f:id:douga-haijin:20171210195749j:plain

そしてドレイパーとの戦いとなりますが、高性能パワードスーツを着ているドレイパーとの戦闘能力の差は歴然としており、アレックスが絞首台にて首を落とされてしまいそうな危険な状態に。

しかし機転を聞かて天井を撃ち抜くと、太陽の光が差し込んできます。それによりスーパーガールのパワーを奪うものは効力を失いスーパーガールが檻から出てきて復活するのです。そこでもう勝負あった!スーパーガールによってグレイパーは倒されます。

一緒に捕らえられていた教授は、すでに罪を償っていることから見逃すことに。

釈放

その後DEO本部に戻ったアレックスとカーラは、グレイパーの歪んだ正義を目の当たりにしたこと、それとジェームズの言葉により自分の考えが間違っていることに気づき、ロード氏を釈放します。

しかし急に釈放されることになったロード氏は、「僕がカーラやDEOのことを世間にバラしたら?」と問いかけるとカーラは「あなたが良心に従うことを期待するだけ」と言ってその場を立ち去ります。しかしアレックスは「もしバラしたら、ロード氏の罪状を記した資料が大量にあるから、それを警察に引き渡す。」と言い良心ではなく理性に訴えるのでした。

f:id:douga-haijin:20171210201004j:plain

ロード氏もバラしたらお互いが身の破滅になることを理解したようで、そのままDEOから去っていくのでした。

エンディング

やっと問題も解決し、会社に出社するカーラですが、そこにシヴォンが声をかけてきて「仕事はやっといたわ。ボスは大満足よ」といかにもカーラは御用済みといった感じのシヴォン。するとカーラも負けじと「あなたを好意的に見ようとしたけど、好きになれない」とはっきり口に出すカーラ。

f:id:douga-haijin:20171210192705j:plain

今後も犬猿の仲になりそうな2人ですが、「友達はいらないわ。次のキャットになるの。」と野望を話すシヴォン。今後、この2人はどうなっていくことやらといった感じ。

その後カーラは、ジェームズに正しい道へと導いてくれたことにお礼を言いにいきます。しかしジェームズには悩みがあるようで、それを聞いてみるともう中途半端な言い訳ではルーシーを納得させることができないからと、カーラの正体を話してもいいのか確認するのですが、カーラは首を縦に振ることができません。

カーラには何か理由があるのかもしれませんね。

その後DEOに行ったカーラは、アルーラのホログラムに『ミリアド』のことを聞こうとするのですが、ミリアドのことは話せないとのこと。これ以上質問を続ければシステムは自動消滅してしまうという警告となってしまいます。

さらにミリアドのことだけでなく一緒にいたハンク長官に対し、「ここに来ると今までは母アルーラを思い出していたけど今では、あなたが殺したアストラを思い出す。」と言って今後、ハンク長官と一緒にやっていける自信がない。と言い、その場を後にするカーラなのでした。

スーパーガール ネタバレ シーズン1 第14話の感想

いやぁ~今回は非常に難しいテーマだったような感じがしますねぇ~。何が正しくて何が正しくないことなのか?そして何が正義で何が歪んだ正義なのか? その答えは何なのかはっきりとした答えっていうのはないような気がしますが、こういうエピソードを見ると自分でもアレコレ考えてしまいます。

単なる感情論でもダメでしょうし、理路整然とした論理的思考だけでも限界はあるんでしょうし、正直よく分かりませんw

ただ、結局はその時その時、自分が正しいと思ったことをやっていくしかないんだろうな、みたいな感じでしょうか? 久しぶり考えさせられました。

ところで話は変わりますが、シヴォン。何者なんでしょうか? まさか宇宙人っていうことはないでしょうけど、色んなトコにちょこちょこ首を突っ込んできてますね。シーズン半ば過ぎての新キャラクターですから今後、大きくカーラ達との絡みが出てくると思いますが今のところ全く予想できない感じ。

それとルーシーはいつ頃カーラの正体がスーパーガールだということを知ることになるんでしょう? 単にジェームズが仲直りするためだけに教えるんじゃ、なんか物足りたい気もするし、ちょっとだけ気になりますね。

またミリアド計画って何?って感じですよね。何を書いていいか分からないぐらい全くの謎なんで気にはなっていても書くことが出来ないもどかしさを感じつつ、ずっと気になってるみたいなw まぁ~エピソードを進めていけば分かることですから気にしてもしょうがありませんが。

あと最後にカーラがハンク長官に言った言葉。やっぱ気になっちゃいますよねぇ~。これからはDEOとは一緒にやっていけないってことでしょうから単独でやっていくという宣言だったのでしょうか? だとしたらアレックスはどういった立ち位置になるんだろう? それに真相はいつ明かされるのか? 非常に楽しみな展開になってきました。

ということで何だか後半ぐちゃぐちゃになってしまった気がしないでもありませんが、今回はこの辺で。それでは。