動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】フラッシュ ネタバレ シーズン3 第1話 「フラッシュ・ポイント」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171116141601j:plain

いよいよ本日、2017年11月16日よりフラッシュのシーズン3がHuluより配信開始になりました。Netflixでフラッシュ シーズン2まで見ていたのですが、ネフリではシーズン2までしか現時点では配信されていないので、シーズン3見たさにHuluに再加入したぐらい楽しみにしていた作品。

あの作品もシーズン8をリアルタイム配信している時期というのもありましたしねw

フラッシュ ネタバレ シーズン3 第1話のあらすじ

前回のシーズン2のファイナルでは、母親はおろか父親までも殺されてしまったバリーが、あまりの悲しみのの為、絶望の淵に追いやられてしまいました。そして、そこから抜け出すため誰にも相談せず、タイムトラベルを決行。

そして母親が殺されてしまった、あの時間に戻り母親を助けることで新たな時間軸が作り出されたところから今回のエピソードはスタートとなるわけですが、それがあらたな時間軸・フラッシュポイントって感じですかね。

※ ちなみにシーズン1,2のレビュー記事は今後追加していきます。 新たな時間軸ということでw

新たに作り出された時間軸であるフラッシュポイントでは、バリーの両親も健在で夢のような生活が待っていたのです。新たな時間軸では付き合ってもいないし一緒に生活をしていたわけでもないアイリスに声をかけデートの誘いもOKもらったり、はたまたウォーリーがキッド・フラッシュとして街の悪党・ライバルと戦いながら街を守っていたりと、フラッシュ・ポイント盛りだくさんなわけです。

f:id:douga-haijin:20171116141410j:plain

しかし、そこにはとんでもない落とし穴があり、過去の記憶がどんどん消されていってしまうことに気付かされます。

それは、バリーが行動していくことで新たな現実が創造されていき以前の現実が書き換えられていってしまうということ。そして、それが進んでいくと元の人生での友人や仲間、家族までもが消え失せていってしまう。さらにフラッシュだったということも忘れ、時間軸が確定していくことで、二度と元に戻せなくなるということをソーンに聞かされるのです。

f:id:douga-haijin:20171116141904j:plain

しかし、今の生活の方がいいと思っているバリーは、キッド・フラッシュと共に、街の悪党である・ライバルを一緒に倒そうと持ちかけ、そこには大金持ちになっているシスコ、眼科医になっているケイトリン、一緒に弟・ウォーリーと正義の為に戦いながら記者をしているアイリスとともにライバルを倒そうとします。

そして結果的にはライバルとの戦いには、勝利するのですが、キッド・フラッシュであるウォーリーが大怪我を負うことになってしまうのです。

それを見たバリーは、果たしてこのまま、
この世界でフラッシュとしての自分も忘れ、ただのバリーとして生きていくのか?
あるいは元の世界に戻り人々救うヒーロー・フラッシュとして生きていくのか?
究極の選択を強いられることになります。

元の世界に戻るということは、再び?三度ぐらいだったかな? 母親が殺されることを見逃すことになるわけですから。

f:id:douga-haijin:20171116142245j:plain

最終的には、バリーは、元の世界へ戻りフラッシュとして生きていくことを選択しますが、その前に家に寄り両親に別れを告げ、ソーンと伴に元の世界へ戻ることに。

しかし、元の世界に戻り、これで全てが元通りと!と思われたのも束の間、娘を何よりも大事にし愛していたジョーとアイリスが絶縁状態になっているとのこと。やはりもとに戻ったとはいえ、一度狂ってしまった時間軸は、全てが元通りというわけにはいかなかったようですね。

呆然とするバリー。
ここで、エンディング。次回、乞うご期待!って感じです。

フラッシュ ネタバレ シーズン3 第1話の感想

いやもう、心躍る気持ちでさっそくシーズン3のエピソード1を見たわけですが、相変わらずフラッシュは面白い!。 あの名作フリンジを見ていた我が家では、それを一部オマージュしたようなフラッシュにおける時間軸とかアース2とかの概念は入りやすいといえば入りやすいのですが、それでも時間軸を理解するには、一瞬戸惑ったりもしますね。

けど、そこが分かると、「あーー!なるほど、そういうことだったのかっ!」みたいな流れで、理解度が深まったりすることで、余計に楽しく感じてしまう、なんていうのも魅力の1つかもしれません。

例えば、最後のエンディングのシーンなんかもそうですね。

我が家的な見解としては、一見すると同じことを繰り返してたわけですから全てが元通りになるはずですが、思い起こせば、母親が殺されるシーンで、バリーとソーンが消えた!という現象は元々なかったもの。それがバタフライ・エフェクトのように世界がほんの少し変わってしまったんだろうな?みたいな見方をしています、現時点では。

まっ、今後も、もしかすると様々な違いが出てくることになるかしれませんが、それも楽しみの1つですね。

とりあえず、まだまだエピソード1だけでは、別れのシーンが切なかったとか、やっぱりシスコとケイトリンあってのバリーだよな、みたいな印象だけですけど、これからどのような展開がバリーに待っているのか妄想したりワクワクしたりして今後の展開に興味津々です。

本当は、こんなレビューなんかを書かずにシーズン3をイッキ見した気持ちでありますが、あらすじとかを自分で書くことで、より理解度が増していくこともあったりしますので、感想を書いては次のエピソードを見る、みたいな感じでしばらくは記事を書いていきたいと思います。