動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】フラッシュ ネタバレ シーズン3 第11話 「生か死か」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171120182800j:plain

何だか今回のエピソードはシスコの男意気みたいなものを十二分に感じさせてくれるエピソード。エピソードタイトルは『生か死か』なんて重々しいイメージのするタイトルになっていますが、そこはシスコのこと! 笑いも含まれていたりと穏やかな気持ちでジプシーとのバトルを楽しむことができる感じに仕上がってます。

フラッシュ ネタバレ シーズン3 第11話のあらすじ

オープニング

何やらHRの妄想小説が入り込んでいたりもするのですが、未来型の銃を手にした強盗犯をバリーとウォーリーが撃退するシーンからのスタートとなります。前回のエピソードから引き続き最終的な手柄はウォーリーにすることによってキッド・フラッシュの認知度を世間に広めるようにしている感じ。

無事に強盗犯を撃退した後、バリーは、やはりアイリスの未来のことが気になりシスコに相談すると、シスコは解決策には至っていないがジュリアンの提案で現場を3D化した模型を用意していたのでした。

f:id:douga-haijin:20171120191206j:plain

そして互いの位置関係から割り出すと、サビターからアイリスを救うには、0.21秒という速さで走るしかない、ということが分かったとのこと。しかし、今までのバリーの速度では到底、不可能な数値であり今後、訓練をしたとしても5月までに到達するにはバリーの成長率から考えても不可能なことだという。

女メタ・ヒューマン ジプシー現る

一方、前回のエンディングで登場した謎の美女がジッターズに現れる。どうやらHRの行方を探しているようなのですが、ヴァイブの力を持っているのか?チップのコインに触れることでHRを見つけた、と笑みを浮かべながらつぶやく。その後駆けつけた警備員を撃退し、裂け目を使って消えてしまうのでした。

翌日、事件を調べるためシスコがメタ・ヒューマンを特定しようとしていると、スターラボの防犯カメラに突如として姿を現すのでした。この映像を見たHRは、この女メタ・ヒューマンのことを知っているようで、HRによれば彼女はジプシー、アース19においては通称コレクター呼ばれている人物だということ。

f:id:douga-haijin:20171120193111j:plain

そして、どうやらHRを捕まえに来た人物であるとのこと。すると今度は突然、裂け目を使いモニタールームに現れたかと思ったら次の瞬間、HRに衝撃銃のようなものを発砲するのでした。あまりの展開のはやさに呆然とするシスコとケイトリン。

そして、さらに2発目を発砲しようとしたジプシーに、今度はシスコがヴァイブの力で応戦。そしてジプシーに一目惚れでもしてしまったのか、ジプシーをデートに誘おうとするシスコ。シスコ的には交渉のようですが・・・。

すると今度はジプシーが、「私のヴァイブの力も見せるわ」と言い、裂け目から裂け目への瞬間移動をした後のウェーブ発射!でシスコは吹き飛ばされてしまうことに。

そこにウォーリーが現れ、ジプシーと対決しようとしますが、動きを完全に封じ込められてしまい攻撃もなにも出来ず。HRもジプシーに連れて行かれることを観念したもよう。

ペテン師 HR

1時間程、身辺整理のための時間をもらったHRですが、連れて行かれたらどうなるか? シスコの質問に答えます。「アース19の法律では、無許可で次元間の移動した場合の罰則は、なんと死刑。」

バリーは、シスコと一緒に見た未来はにはHRが居た。だから助けるべきなんじゃないか?と考えますが、ジュリアンは「逆にHRを帰すことによって、その未来が変わりアイリスを救えるかも」と話す。

その場は結局、結論を見出すことは出来ず、バリーはアイリスにも話すと言い、ラボをあとにする。

HRは自分で撒いた種だからとすでに観念して荷物の整理をしているのですが、そこにシスコがやってきてHRと話す。先程ケイトリンが「何故?見つかれば死刑になることを知ってて命懸けでここに来たの?」との質問に答えなかった、その答えが知りたいと。

「鏡を見たのさ。アース19の私は名声も権力もあり、崇拝されてた。かのHR・ウェルズだ! でも鏡の中に真実が見えたんだ。本当の私は、無価値だ! ペテン師さ。だから自分の物語を書き換えたくてここに来た。」

HRの話を途中から聞いていたバリーが「何か手はないの?」と言うが「できることはないんだ!」と声を荒げます。「どうにもならないんだ! 決闘裁判に訴えるという手はあるが・・・

思わずゲースロかいっ!とか思いましたが、タイムリミット! ジプシーがキッチリと時間通りにHRを迎えに来ます。そしてHRが連れて行かれる直前、バリーは「彼を渡さない。」と言うとシスコが「決闘裁判を申し込む」とジプシーに告げるのです。そして準備の為の24時間が取られるのでした。

f:id:douga-haijin:20171120231559j:plain

決闘裁判

さて、勢いに任せて?HRの為、命を賭けてジプシーに決闘裁判を申し込んだシスコですが、与えられた24時間でなんとかジプシーに勝つ方法を何とか見出さねばなりません。

そこで、こういう時には役に立ちそうなジュリアンがジムプシーの戦いっぷりを見るのですが、相当に強いことが分かります。するとHRが「ジプシーは強いどころじゃない!伝説だ」言うのです。これは相当ヤバイ相手に決闘を申し込んでしまったことになりますね。

当のシスコもご覧の表情w
f:id:douga-haijin:20171120233841j:plain

「俺の勝つ確率は1から10で言うと?」のシスコの問いにも「殺されるね」「間違いない」との答えしか返ってきません。一応、バリーだけは「君の能力はジプシーと同じだ」と言うのですが・・・。

けど、そんなことを言っていても何も始まりません。とにかく今は練習しよう!ということで、ジュリアンの考えた練習をすることに。練習準備の間、HRが少しだけ声を荒げながらシスコに問いただします。「私のことが嫌いなはずなのに私のためになぜ命を懸ける?」するとシスコは次のように答えるのです。

「それが俺たちなのさ」と一旦は茶化しますが、続けてこう言うのです。
「ウェルズらしくない。前の2人は頼れる天才だけど、あんたには俺たちだけが頼りだ。ハリソン・ウェルズはいつも助けてくれたから今度は助ける番だ」と。

その後ジュリアンの考えた練習プランに従い、次元間移動をした直後にヴァイブを相手に向かって放出する訓練をするのですが、どうもうまくいきません。そんなシスコの様子を見てHRがバリーを呼び出し話をします。

曰く「ジプシーと戦ったらシスコは死んでしまう。みんな分かってる。バリー、君も、シスコもっ、ケイトリン・・・。先にジプシーを倒すんだ! この前追跡装置をついておいたから居場所は分かる。居場所が分かれば先手を取れる。やろう。シスコのために。」

ちょっとズルい作戦かもですが、シスコのためにバリーもその作戦に乗ることに。

そこで水辺のベンチでコーヒーを飲んでるジプシーにHRが「シスコは自分を守ろうとしているだけだ」と言い、両手を前に出し一緒に帰ろう、というのです。んで油断した隙にバリーが・・・のはずがジプシーに見抜かれており逆にバリーに手錠をかけられ、HRはその場で連れて行かれそうになってしまうのです。

f:id:douga-haijin:20171121021553j:plain

本当!HRの作戦はいつも失敗だらけって感じですが、そのままHRを連れて帰ることだけではバリーの説得で何とか止めることができたのでした。しかしHRは、シスコとの決闘まではジプシーが預かることに・・・。

さらにこの件をみんなに伝えると、約束は守るべきだ!とみんなに責められます。けど、これで本当に逃げ道がなくなってしまったシスコですが、そんな時ジュリアンがジプシー対策としてジプシーの弱点を発見するのです。

その弱点とは?
ジプシーは裂け目を使うのが得意技ですが、裂け目を出入りする時、足が浮くのです。その瞬間は不安定になり、しかも無防備だから、そこを狙うんだ!と。さすがキレ者ジュリアンです。

アイリスの暴走

一方、少し時は遡りますが、自分の起こるかもしれない未来に怯えてばかりはいられないと、記者としてスクープを書くために最新の武器を扱う武器商人にターゲットを絞っている様子。

途中、危険な人物に近づきすぎると危険だからということで、ジョーやバリーも心配し武器商人からは手を引くようにお願いするのですが、全く聞く耳を持ち合わせていない感じのアイリス。

挙句の果てには、スラッシュ・ポイントでウォリーと姉弟のチームを組んで街を救っていたことまで持ち出して、ウォーリーに協力までさせる始末。

しかし、その甲斐もあってとうとう武器商人のアジトを突き止め潜入を試みるアイリス。そして、証拠となるような最新鋭の武器を発見し写真を撮っていると背後から武器商人が現れアイリスに銃を向けるのです。それでもアイリスは、銃に怯むことなく武器商人に詰め寄り次のような言葉を吐くのです。

f:id:douga-haijin:20171121032032j:plain

曰く「人はいつか死ぬ。でも私が死ぬのは今日じゃない。」と。そして、自分に向けられた銃を自ら胸に押し当てるのでした。そこへウォーリーがやってきて、武器商人を倒します。ただ、自分の死を顧みないような、あまりの無茶っぷりにジョーは激怒。

そこで、バリーが二人で話をさせて、とアイリスを別の部屋に連れていき話をしようとするのですが、アイリスは「記事でも人を救えるのよ! それとも人助けはバリ、あなただけの特権なの?」とくってかかる勢いのアイリス。

ただアイリスがここまでスクープ記事を書こうとしたのには理由があったのです。
「死ぬのが怖いんじゃないの。怖いのはママみたいになること。生きた証を何も残さず死ぬことよ。それが一番怖いの。」と。

それを聞いたバリーは、「お母さんは大事なものを残した。勇敢で立派な息子と僕の愛する女性だ。そうだろ?アイリス。未来は分からない。一緒に立ち向おう」とアイリスを諭すのでした。

シスコ vs ジプシー 夢のヴァイブ対決

するとジプシーから連絡が来た、とシスコ。

f:id:douga-haijin:20171120182800j:plain

さあ!いよいよ夢のヴァイブ対決であるシスコ vs ジプシー、決戦の火蓋が切って落とされようとしています。

シスコがなかなか現れないことにヤキモキするジプシー。シスコは宮本武蔵作戦しょうか?若干遅れ気味に対決の現場にあらわれるのですが、ジプシーは、「来ないかと?」と。それに対しシスコは「君との夜をすっぽかすことなんてすもんか」と切り替えします。

すると「ルールは?西部劇風に早撃ちで勝負?」と言ってると、いきなりジプシーのヴァイブ攻撃。不意をつかれ吹き飛ばされるシスコ。それでも何とか立ち上がりヴァイブウェーブ?の撃ち合いです。双方とも能力は互角のようで互いに一歩も引きません。

これではラチが開かないと踏んだのか?お次は、レベルを上げたジプシーとの裂け目を利用した肉弾戦! しかしこれでも勝負はつかず、ジプシーはいよいよ得意技である裂け目から裂け目へ移動しての攻撃をしかけようとするのです。

シスコは、待ってました!とばかりにジュリアンがさずけてくれた秘策を実行に移します。すると見事シスコのアイブがジプシーに命中し、そこで勝負あった!

ジプシーは、シスコに負けを認め「HRはあなたのものよ。私の命も。」と言いますが、シスコは「ここでは、そんなことナシだ」と、ジプシーに手を差し伸べるのでした。

その後、ジプシーも含めスターラボに戻っている様子ですが、ふいにバリーが「帰って報告するの?」と聞いてみると、ジプシーは「HRを殺したと報告する。今まで失敗したことないのに手ぶらじゃ帰れない。」との返答。

しかし、それではHRが二度とアース19には戻れなくなってしまうことに懸念が残りますが、それをHRに確認すると、「どうせ戻る家もないし」とのことで、一件落着。

別れ際、シスコはジプシーとの別れは、名残惜しい感じですが、最後に二人はキス・・・の寸前までいき、お別れとなってしまうのでした。

f:id:douga-haijin:20171121035213j:plain

エンディング

さて、その後は皆それぞ思い思いの時間を過ごすわけですが、HRが部屋で小説を録音していると、そこにシスコが現れます。たわいもない話しがあった後、今回の件について感謝の意をシスコに告げるとできれば賢いバージョンの私のことを話してくれないか?と持ちかけられます。

シスコは心良く了承し、次のように話し出すのでした。

「最初のウェルズは、いつか俺もヒーローになると。その時のために準備するのが義務だと言った。このラボはいい。みんなが互いに投資し合ってる。いつか、あんたに投資した分を返してもらう。あんたの突飛な思考でね。彼ならきっとこう言う。自分らしく、備えろ。いつか俺の尻拭いを頼むよ。」

その後シーンは変わってウォーリーが走りのトレーニングをしている場面にかわります。そこにバリーが現れウォーリーにタオルを渡すと、オープニングのシーンでもあった「サビターからアイリスを救うには、0.21秒という速さで走るしかない」という部分に関係するんでしょうか?

「僕はアイリスを救えない。君が救うんだ!」

の言葉でエンディング。

フラッシュ ネタバレ シーズン3 第11話の感想

いやぁ~今回はシスコの男っぷりがものすっごく格好良かったですねぇ~。元々、男性からは凄い人気のあるキャラのようですが、今回のエピソードをきっかけに女性からの人気をあがっていくんじゃないのかな?と思わせるぐらいの活躍でしたね。

いつも、明るくちょっとユーモアがある反面、ちょっと女々しい部分もあったりしますが、友人のために命を懸けるなんざぁ~、そうそうできるもんではありません。惚れ直しましたw

ヴァイブ対決をしたジプシーも非常に魅力的なキャラでしたし、どこか惹かれ合ってる部分のある二人だけにくっついちゃうと面白いんですけどね。またすぐにジプシーは登場してくれるような感じがしますし。

それにシスコだけがドラマの中で一度も春の訪れがなかったように記憶しているので、そういった意味でも一度くらいはあってもいいんじゃないかと。あっキャプテン・コールドの妹、リサが登場した時にちょっとだけありましたけどねw

まっ、いずれにせよ、シスコが益々好きなってしまいました。

ところで、エンディングのバリーの言葉。今後はキッド・フラッシュの活躍するシーンっていうのがどんどん出てくることになるんでしょうか? ウォーリーの身体能力と成長スピードはバリーよりも凄いってエピソードの端々に入れ込んでたくらいですから、きっと速さだけだったらいずれバリーを凌ぐ速さを身につけることが可能なんでしょうね。

けど、その前にフラッシュは慣れたからいいんですけど、キッド・フラッシュのコスチューム。もうちょっとどうにかならなかったんですかね?デザインがあまりもダサいような気がするのは我家だけでしょうか?