動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】フラッシュ ネタバレ シーズン1 第16話「巻き戻せない時間」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171214233103j:plain

前回のエピソードで、マーク・マードンの起こした壊滅的な津波を食い止めるため、フラッシュが限界を超えて走っていたら過去にタイムトラベルしてしまった。という衝撃展開でのラストでしたが、ウェルズ博士の告白でシスコが殺された事実や津波の危機、アイリスからの告白など…これらの出来事が新しい時間軸では、どんな形で変わっていくのかが見所となってます。

フラッシュ ネタバレ シーズン1 第16話 あらすじ

フラッシュは、津波を止めようと砂浜で走っていたのに、なぜか街にいることに気が付く。その状況に困惑しているとシスコからの連絡で、検死官が殺され現場へ向かっていた、1日前の時間に戻ってしまった事が分かる。

同じ時間を繰り返すことになったバリーは、事件の捜査で調べる前に全てを言い当てジョーに不思議がられてしまい。スターラボに戻ってからもそこで起こる出来事を先読みしてしまう。

言葉の端々から、バリーが過去に戻って来ていることに気付いたウェルズ博士は、ほんのわずかな歪みが未来に大きな影響を及ぼしてしまうと言うと、この件は誰にも言ってはならない、そして前と同じ一日を繰り返すように警告した。

f:id:douga-haijin:20171214223211j:plain

だがバリーはその警告を無視して、多くの命を救うため災いの元になるマーク・マードンを捕らえるとパイプラインに閉じ込めてしまう。何をしたか分かってるのか?と博士に言われるが、「未来の出来事を知れば、なぜヤツを捕まえたか理解してくれるはずだ」と反論する。

「時間は必ずまた別の悲劇を引き起こす。しかも、もっと悲惨な事をね」

時間軸が歪むことで別の悲劇を危惧する博士は再び警告するが、すでに前回とは違うことが起きはじめていたのだった。

新たな出来事

セントラル・シティに戻ってきたスナートと相棒のミックは、マフィアのサンティーニ・ファミリーのシマを強奪するため再び武器を入手しようと企んでいた。

一方、シスコは前の時間軸では行かなかった、兄のダンテの誕生会に出席することに・・・。だが家族とうまくいってないシスコはあまり気が進まなかった。シスコの両親は兄のダンテには甘くて、どんなにワガママで、何度面倒を起こそうが、2人にとっては優等生だった。でも両親がシスコに植え付けるのは常に劣等感だけだという。

その話を聞いたケイトリンは、いつも助けてくれるお礼に私が背中を押してあげる。と言うと強引に誕生会に連れて行くのだった。しかし、久しぶりの実家も居心地が悪く、シスコを見下す兄の態度に我慢ならず途中で帰ってしまう。

その後、シスコがバーでお酒を飲んでいると女性から声をかけられる。キスをされて舞い上がり、欲望の赴くまま彼女の家に行くとスナートが現れワナだったことを知る。女はスナートの妹・リサだったのだ。

f:id:douga-haijin:20171214223647j:plain

スナートは、シスコに武器を作らせるため、シスコの兄ダンテを拉致していた。家族の命を盾に捕らえたシスコはやむなく、コールド・ガンとヒート・ガン、そしてスナートの妹の為に撃ったものを金属に変えるゴールド・ガンを作ってしまう。

一方、未来でアイリスの気持ちを知って浮き足立つバリーは、リンダと別れた後アイリスに改めて自分の気持ちを話す。しかし、アイリスは怪訝そうな顔で「この話は終わったはずで、私はエディを愛してる」とバリーを拒絶するのだった。

f:id:douga-haijin:20171214224205j:plain

リンダと別れたうえ、アイリスに2度も振られてご機嫌斜めのバリーがSTARラボに戻ると、ジョーからの連絡でスナートの帰還を知り、マフィアの運営するカジノを襲撃していると聞かされすぐに向かうが、そこでシスコが人質に取られていると聞かされ、手を出すことができなかった。

その後、警察官として現場検証に来ていたバリーをエディが殴る。どうやらアイリスにちょっかい出した事がバレていたようだ。エディからは「卑怯者め!お前を信じた俺がバカだった」とまで言われてしまう。

巻き戻せない時間

ラボに戻ったバリーは、自分が時間を歪めたせいで、スナートが現れシスコが危険な目にあって、アイリスまで・・・博士の前でそう愚痴ると「そこまでだ!また時間軸を壊したいのか?」と言われる。が、苦しみのあまり誰かに話を聞いて欲しいと訴えるバリーに、ウェルズ博士は「話せ」という。

バ「僕が、前に、最初のバージョンの今日を過ごした時には、シン警部が重症を負いました、ジョーには危険が迫り、アイリスは僕への気持ちを打ち明けたんです」

博「でも今回はシスコが危険にさらされ、アイリスには自覚がない」

バ「でも、気持ちはある筈です...でしょ?」

博「潜在意識というのは実に強力だ。アイリスの気持ちは災いがきっかけとなり本人が自覚したものだ。災いがなければ彼女の気持ちは胸の奥に眠ったままだ。」

バ「よく分かりません。僕はマードンを止めて人助けをしようとしただけなのに。」

博「そうだろうが、君の新しい能力は極めて危険なんだ。今は1日だけだが、もし十年戻ったら?一世紀なら?どれほどの被害がでるか分からない」

バ「でも、近い将来僕が、もっと時間を遡れるようになったら母を救えます。まさかそれもダメだと?」

博「そうは言わん。だがお母さんを救うことで、いったい何人が死ぬだろうな。」

博士とのやり取りので、バリーは未来を変えてしまうことの代償と影響の大きさに改めて気付くのだった。

兄の本音

その頃、シスコの兄ダンテは、昔の彼女を掠奪愛したことや、シスコの人間性と才能にずっと嫉妬していた事を話すと、弟の為に決死の覚悟でミックに襲いかかり脱出しようと試みるが失敗する。スナートはダンテをコールドガンで撃つとフラッシュの正体を明かさなければ兄を殺すとシスコを脅す。

f:id:douga-haijin:20171214232344j:plain

シスコは兄を見殺しに出来ず、やむなくフラッシュの正体をしゃべってしまう。スターラボに戻ったシスコは仲間を裏切ったことに責任を感じ自らラボを去ろうとしたが、ウェルズ博士から「君に残って欲しいと思うのは、君を愛しているからだ」と引き止められる。

取引

スナート達の真の狙いがカジノから金を運ぶ現金輸送車と判明し、シスコも流れでスターラボに復帰。フラッシュは輸送車襲撃中のスナート達を妨害しマスクを外してスナートと取引をする。

スナートは俺の邪魔をすればお前の正体を全世界にバラすと脅すと、バリーは本当に才能があるなら今後誰も殺さず目的を果たせと説得を試み、もし今後家族や友人が傷つけられるようなことがあれば、正体を知られようともお前を倒すと宣言。スナートはバリーの説得に応じ両者は一応の決着をつけた。

f:id:douga-haijin:20171214234301j:plain

ジッターズに寄ったバリーは、エディにいきなり無言のハグを受け殴ったことを謝られる。実はケイトリンが、落雷精神疾患なる病気をでっちあげ、バリーが突然愛情表現をしたり、判断力が低下したり、君の心が超能力でわかるとか言い出したのは、全て落雷による副作用で、スターラボでその治療をしているのだとエディとアイリスに嘘の説明をしてくれていたのだった。

一方、ウェルズは自分のことを記事にしようとした記者のメイソン・ブリッジのPCを壊して、彼を殺し遺体を隠した。バリーはメイソンが行方不明になっていることをニュースで知って、ウェルズ博士のことは全てジョーの言っていた通りだったと確信する。

フラッシュ ネタバレ シーズン1 第16話 感想

今回のエピソード最高に面白かった。SF系でありがちな時間軸が歪むことで別の悲劇がもたらされるってのは鉄則のようですね。

・シスコは博士に殺されることはなかったけど、兄と拉致され脅された。
・フラッシュの正体はアイリスじゃなく、スナートにバレた。
・シスコの変わりに記者のメイソンが死亡、暴露記事か世に出ることがなくなった。
・アイリスと両想いになれなかった変わりにリンダと分かれるハメに
・巨大津波による災害がなくなり。ジョーも無事。そしてシン刑事も無事
・最後、バリーが博士の正体に気が付く。←これデカイ

結果をみると、バリーが1日戻った方が悲劇が縮小されてよかったじゃんと単純に思いますが、この先何かまずい影響がでちゃったりするのかな?まあ、個人的にシスコが生きててくれただけで充分ですが。。。