動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】ウォーキングデッド ネタバレ シーズン8 第4話 「王への忠誠」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171113231615j:plain

前回のエピソードのエンディングでキングダムの人々が、ブローニングM2銃で一斉射撃にあい、ほぼ全滅状態になってしまっていましたよね。そして、エゼキエル王の側にいた人たちが王を守ろうと身を挺していた守ったところでエンディングを迎えてしまいました。

その後は、一体どうなってしまったのか非常に気になるところですが、それらの内容が、今回のエピソード4「王への忠誠 (Some Guy)」で全て明らかになっております。

ウォーキング・デッド ネタバレ シーズン8 第4話のあらすじ

f:id:douga-haijin:20171114003325j:plain
Photo by Gene Page/AMC

キングダムの戦士たちがほぼ全滅してしまった中、戦士たちに守られていたエゼキエルが死体のなかから這い出てきますが、周りを見渡せば誰一人として生存しているものはおらず、しかもエゼキエルは左足を負傷してしまっている状態。

そして、一人一人の生死を一体ずつ確認していくエゼキエルですが途中、仲間を失ってしまった悲しみか、はたまた自責の念にかられてなのか定かではありませんが激しい雄叫びをあげるエゼキエル。

しかし、悲しみに暮れている時間はなく、王国の人々が次々とウォーカーに変わっていってしまい、足を負傷していることもあり絶体絶命のピンチへと。

f:id:douga-haijin:20171114004234j:plain
Photo by Gene Page/AMC

それでも必至にウォーカーから逃げようとするなか、わずかに残った王国の戦士に救われますが助けてもらったのも束の間、今後はその兵士までも死なせてしまうことになりエゼキエルは救世主の一人(サイコっぽい人)に捕らえてられてしまうことに。

f:id:douga-haijin:20171114004536j:plain
Photo by Gene Page/AMC

そして、そのままサンクシュアリに連れて行かれようとするところ、救世主のサイコ野郎に殺されそうになるわけですが、どこからともなく太っちょジェリーが現れ難を逃れます。しかし、次々とウォーカーが追いかけてきている状況は変わらず必至にウォーカーたちを撃退して必至に交戦していきますが、あまりにも大量のウォーカーが目の前に。

f:id:douga-haijin:20171114005428j:plain
Photo by Gene Page/AMC

一体、この2人どうやってこの絶望的な状況を切り抜けることができるのでしょうか?

キャロルの戦い

一方、一人敵陣に乗り込んでいたキャロルですが、ブローニングM2をサンクチュアリに運び込もうとしている男たちを見つけると、天井裏に潜み一気に3人ほど片付けてしまいます。しかしゴキブリのように湧いてくる救世主一味が他にもおり、ブローニングM2をクルマに詰め込む段までいかれてしまうことに。

そこでキャロルと救世主たちとの銃撃戦が繰り広げられるわけですが、ここでも機転を利かせた戦い方である程度の勝利をつかむキャロル。しかしエゼキエルと太っちょジェリーがウォーカーに追い詰められているところを目撃し、迷った挙句二人を助けることを選んだわけですが、その代償としてブローニングM2をまんまと運び出されてしまうことに・・・

f:id:douga-haijin:20171114014718j:plain
Photo by Gene Page/AMC

ただ、この時、キャロルの耳にはダリルが運転しているであろうバイクの音が聞こえてきます。ブローニングM2がサンクチュアアリに渡ることは阻止できると確信したようにニヤリと笑うキャロル。二人の信頼感が伝わってきます。

そして、その予想通りにブローニングM2を運び出した救世主たちのクルマを追い、リックとダリル、二人の絶妙なコンビで救世主たちを仕留めます。

その後、エゼキエル、太っちょジェリーとキャロルで大量のウォーカーを撃退しながらに逃げていくことになりますが、途中足を怪我していてまともに動くことすら出来ないエゼキエルは、自暴自棄というか、「自分は王ではない」などと完全なる自己否定モードになってしまうことに。

自分を置いて逃げろ!と何度も二人に告げますが、それでもエゼキエルを見捨てずにいる二人。そこで何体かのウォーカーがたむろしている小さな小川のような場所で今度こそ絶体絶命か、という時に行方知れずだったシヴァが現れ王を助けそのままウォーカーどもに食べられてしまうという非常に悲しい結末に。

f:id:douga-haijin:20171114022042j:plain
Photo by Gene Page/AMC

最終的には、なんとか三人はキングダム王国へ無事に帰ることができたわけですが、今回の戦いで生き残ったのもわずか三人。非常に悲しい現実が王国で待っていた者たち、そして王に深い傷として残ることになります。

果たして今回の戦いで多くを失ってしまうことになったエゼキエルは立ち直ることはできるか?

ウォーキング・デッド ネタバレ シーズン8 第4話の感想

第4話を見た結論を先に書いてしまいますと、非常に面白かった。シーズン7ではなかなか見られなかった内容だっただけでに余計に面白く感じたのかもしれませんが、シヴァが絶体絶命の時に現れてエゼキエルを守りウォーカー達に食べられてしまうシーンなんかは、ちょっと涙腺が緩んでしまいましたよ。

ただ、ちょっとだけディスってしまうと、なぜ?エゼキエルがあそこまでキングダムの人々から賞賛され、自分の命すら省みることがないくらい身を挺してまでエゼキエルを守るのか理解しにくかった。

そこらへんの描写がシーズン7で描ききれていないのが共感をよばないところなんだと思いますが、もうちょっとそれぞれのキャラクター背景をちゃんと描いてほしかったですね。そうしたら、もうちょっとキングダムの戦士たちの行動を理解することができ感情移入もできたかもしれないのに。ちょっともったいさを感じます。

その辺、しっかりと長年に渡りキャラが育ってるキャロルの行動には全てが納得することができた上、感情移入もしかりですが、改めてキャロルが好きになってしまったエピソードでもありますね。まさに女コマンドーのような活躍っぷりで、さすが!としか言いようがありません。

また、リックとダリルがブローニングM2をサンクチュアリに運ばれまいとし救世主のヤツラを追いかけるシーンは見応えありましたね。というかリックの乗っているジープの後ろに隠れてリックがハンドルを切った瞬間、ダリルが一発で仕留めるなんざ格好良すぎです。

やっぱこの2人、最強の2トップですわw

あーーーそれと個人的に一番印象に残っているシーンを書くのを忘れた。何が印象に残っているかって? やっぱそれはキャロルが救世主たちを取り逃がした後に見せた笑顔!! これに尽きますね。いかにキャロルとダリル及びリックたちとの信頼感が出来上がっているかを物語っているシーンのように思えるわけですよ。何度でも見てみたくなるシーンです。

ところで、よく出てくるブローニングM2ってどんだけすごい銃なんだろう?と思って調べてみたら

ブローニングM2重機関銃は、ジョン・ブローニングが第一次世界大戦末期に開発した重機関銃である。 M2がアメリカ軍に制式採用されたのは1933年であるが、信頼性や完成度の高さから現在でも世界各国で生産と配備が継続されている。

細かいことはよくわかりませんが、ものスゴイ銃なんだなってことは良くわかりました。
けどここにきて1つの疑問が。

リックとダリルが救世主のヤツラを追いかけている時に、リックの乗ったジープは明らかにブローニングM2の餌食になっていたと思うんですが、なんかただの拳銃で撃たれた程度のダメージしか車体に残らなかったのは、ちょっとリアル感に欠けてしまうかも!?本当だったら大破してもおかしくないくらいだと思うのですが・・・。まっ、それ。ご愛嬌ってことでしょうかねw

いずれにせよシーズン8は非常に動きのあるシーンが多く、シーズン7よりも楽しめている自分。前回のエピソードが面白かっただけにエピソード4はリアルタイム配信で見てしまったぐらいですから。次回のエピソードはどんな感じになるんでしょうか?楽しみになってきました。

シーズン8 エピソード5 The Big Scary U 予告動画

エピソード5の舞台はサンクチュアリっぽいですね。ニーガンと同じ小屋に逃げ込んでしまったゲイブリエルのその後って感じでしょうか?他にもサンクチュアリ内の動きが色々とありそうなので楽しみです。