動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】フラッシュ ネタバレ シーズン3 第22話 「悲劇のカウントダウン」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171126193544j:plain

さて気がつけば残るエピソードは、今回のものを含め、あと、たった2話。やはりラストスパートなる後半は俄然、面白みが増してきますね。今回はカウントダウンが迫る中、『スピード・フォーズ・バズーカー』のエネルギー源を盗み出すためにキャプテン・コールドの手を借りるという展開で、最後は『あの時点での未来』へとつながっていく・・・みたいなエピソード。

スナートが登場するというだけで面白くなりそうな予感がするっていうのも不思議ですね。

フラッシュ ネタバレ シーズン3 第22話のあらすじ

プロローグ

アイリスの死まで残り24時間と迫るなか、悲しげなBGMのもと、みんなそれぞれが思い思いの時間を過ごしている中、アイリスが突然、欲しいものがあると言い出しバリーに『キャビア』をおねだり。バリーは夜中なのにキャビアを探しにお出かけ。

最後のビデオレター

するとアイリス。
スマホを取り出しバリーへのラストメッセージとなるビデオレターを作成するのです。これをバリーに残しておきたくて、無理難題なキャビアをおねだりしたわけですね。ちょっとこのシーンだけも『うるっ』ときてしまいました。

朗報

そして朝、身支度を整えている二人に朗報が届きます。
『スピード・フォーズ・バズーカー』のエネルギー源となるものをやっとのことで見つけることができたのでした。それはドミネーターが地球に持ち込んだ『赤く光る動力源』であり、アーガスが管理していることがわかるのです。

早速シスコとバリーの二人は、ライラに会いに行き色々な事情を話すことになるのですが、バリーが自分勝手な都合でフラッシュ・ポイントを生み出したことに対し、バリーを信用することが出来ないと言われ断られてしまうのです。

装置がないとアイリスが今夜死んでしまうことになってしまう、とライラに食い下がりますが、それでもライラの協力を得ることができず固まるバリー。一体どうすればいいのか?

するとバリーは、とんでもないことを提案するのです。
そう!貸してくれないなら盗んじゃえ!と。

しかし、相手は世界一警備の厳しい、まさに要塞のようなアーガスビル。
アーガス内は能力も使えないうえに監視カメラ、網膜スキャン、手のひら認証に熱センサーと光センサーなどの厳重警備.、これじゃ到底ムリな話。チーム・フラッシュのみんなは大反対!

それでも一度決めたら、アイリスの命を守るためなら、頑なに頑固なオヤジに大変身で諦める素振りすらありません。一体、何を考えているんでしょう?

キャプテン・コールド

そうです、餅屋は餅屋。泥棒するなら世界最高峰の頭脳を持つ泥棒がいるじゃないかということで、キャプテン・コールドに会いに行き、協力を要請するのです。

f:id:douga-haijin:20171126204103j:plain

しかし、いくら腐れ縁とはいえ相手は天下の悪党キャプテン・コールド。
そう簡単には引き受けてはくれません。ただ、スーパーヒーローがアーガス本部のビルからドミネーターの装置を盗むと聞いちゃあ~黙ってられません。『俺のルールに従え!』という1つの条件のもとに引き受けることになったスナート。

その後、スターラボにスナート同伴で戻るとチーム・フラッシュは冷ややかな対応ですが、スナート抜きで話し合いが開かれ、頑固一徹なバリーに押し切られこちらも賛同することになったのです。

f:id:douga-haijin:20171126211405j:plain

葛藤を越えて

一方、前回の戦いで故障したご自慢のスーツを修理中のサビターバリーの元にキラーフロストが現れ「私たちは、バリー&ケイトリンのチームよね?」となぜか唐突に確認するのですが、それに対しサビターバリーは、「俺はバリーではないし、お前はケイトリンではない。」とちょっとだけ、おこな感じ。

続けてキラーフロストは、「本当にアイリスを殺すことがあなたに出来るの? あなたはバリーの人生を全部覚えているんでしょ?アイリスと一緒に育ったことも、恋に落ちキスしたことも・・・。アイリスを殺す覚悟はあるの?」と問いただします。

それに対しサビターバリーは、「俺が覚えているのは、捨てゴマとして作られたことだ。ヤツの恋人に情けなどかけない。」と。

f:id:douga-haijin:20171126214519j:plain

サビターバリーも心の何処かでアイリスを殺すことに葛藤のようなものがあり、キラーフロストは、前回のエピソードでシスコやジュリアンと一緒に行動したことで葛藤が生じているような雰囲気。

そんな時、サビターバリーの脳にバリーが今、何をしているのか記憶が伝達されるのですが、脅威として感じてもいい『スピード・フォース・バズーカー』のことを俺には効かない、放っておけと余裕しゃくしゃくな様子。もしかして対策済み?

4つのルール

さてアーガス侵入に向け着々と作戦を考え、その内容を伝えるスナート。
そのなかでスナートから次の4つのルールが伝えられるのです。

  1. 計画を立て
  2. 実行し
  3. 不測の事態に備え
  4. 計画を破棄する

f:id:douga-haijin:20171126221126j:plain

これが後に大きく役立つことになろうとは・・・。

父と娘

その後、アイリスは、バリーの知らないどこかへ連れて行ってもらうことになるわけですが、その場所はアース2のウェルズ博士の元。うん、ここなら見つからない可能性はありますね。

その後ジョーとアイリスは親子水入らずといった感じで秘密を暴露しあったり、ジョーが歌を歌ったり二人でダンスをしたりと悲しくもあり楽しい最後のひとときを過ごすのでした。そして万が一の時にはコレをバリーに返して、と指輪をジョーに預けるアイリス。

なるほど、婚約してもしていなくても『あの時点での未来』では結局、指輪は外すことになっていたんですね。

アーガス潜入

さあ!いよいよアーガス内部へと潜入することになったバリーとスナート。顔変形装置を使い侵入を試みますが失敗し、暴力的手段でなんとか第一関門は突破。

その後いよいよドミネーターの装置が保管されている場所にたどり着いた二人ですが、そこに待ち受けていたのはキング・シャーク! どうやら装置を守るため番犬のようなかたちでそこにいさせていたわけですね。

もうこうなったらキング・シャークを殺すしかないと考えるバリー。そこにスナートが、ホホジロザメの性質を使いキング・シャークを眠らせるのはどうか?とバリーに進言。

f:id:douga-haijin:20171126225422j:plain

そして、装置を盗むことには成功するのですが、スナートが閉じ込められてしまう緊急事態が発生!このままスナートを見捨てるか?はたまたスナートをなんとか救うのか?選択を迫られるバリー。

結局バリーはスナートを救出することになるのですが、その間にライラをはじめとする警備部隊が到着し、あえなく撃沈。動力源もライラの元へ戻ることになってしまうのでした。

しかし監視カメラでそれまでのいきさつを監視していたライラは、アイリスの命を優先し、スナートを見捨てることも出来たのにスナートの命を優先させたバリーの行動を信用し、動力源の装置を渡してくれるのでした。

アドバイス

その後スナートを元に戻し、最後の別れ際スナートはこんなアドバイスをバリーに送るのです。

曰く「いいか、サビターのルールで戦うことはやめろ! 優しさこそがお前の強さなんだ! フラッシュはヒーローであるべきだ。」

f:id:douga-haijin:20171126224640j:plain

立ち位置は逆の存在であっても、どこか互いを尊重し認めあってる二人の関係って何かいいですね。スナートというキャラが益々好きになりました。

さらわれたアイリス

その後動力源を手に入れたバリーはスターラボに戻りアイリスは?と確認すると「アース2のウェルズのところだ」と答えてしまうHR。 実はラボに戻ってきたのはバリーではなくサビターバリーだったのです。

f:id:douga-haijin:20171126225844j:plain

そして、サビターバリーはすぐさまアース2に向かいアイリスを難なく奪取。どこかへ消えてしまうのでした。その後バリーもアース2に到着するのですが、すでに後の祭り。

さて、アイリスを取り戻さなくてはいけないバリー。どうするのか?
サビターはインファンティーノ通りに時間通りに現れるはずだから『スピード・フォース・バズーカー』を準備してそこへ向かうことに。ただ細かな作戦は僕は聞かずインファンティーノ通りへと先に向かうバリー。

一方、サビターバリーにアイリスの居場所を言ってしまったHRは、ひどく落ち込んでいる様子。ラボに現れたのが本物のバリーであったとしてもバリーが知ることで記憶を共有しているサビターバリーに分かってしまうわけですから落ち込むのも当然ですが・・・。

しかし、そんなHRをシスコは攻めることを一切せず、「ヤツに騙されただけだ。俺が言っていたかもしれない。あの状況では誰が言ってもおかしくはなかった。」と言って慰めるのです。

そして最後、「HRは常に準備万端。必要な時に最も頼れる男。そういう男だ。」と言い残し、現場へ向かうシスコ。しかし、その時キラーフロストと戦う自分の姿を突然目にすることに。

そのことをバリーに告げると、サビターがいない今がチャンス。君はケイトリンを救いに行ってくれと言うのです。

バリーに背中を押され、それまでずっと否定してきたかった未来の映像が現実のものとなり、シスコがキラーフロストと対峙することに。

f:id:douga-haijin:20171126233614j:plain

あの時点での未来

そして、『あの時点での未来』が未来ではなくなり、まさに今起ころうとしているなか各自、それぞれが準備を整え、警戒体制でサビターの登場を待ちます。

遂にサビターがアイリスを連れて登場!
絶対に、アイリスが殺されるのを阻止してやると言い、『スピード・フォース・バズーカー』を手に攻撃。そして遂にバズーカが命中し捕らえたかに思えたのですが、それを弾き返すサビター。どうやら、長い期間、そのトラップの中で時を過ごしたことで、その防御策を用意していたのでした。

f:id:douga-haijin:20171126234536j:plain

そして遂に、『あの時点での未来』が現実のモノとなってしまい、アイリスはサビターに殺されてしまうのでした。そして、それと同時にプロローグ部分でアイリスが残した最後のビデオレターが流れ出すのです。その内容は、

バリー、あなたに伝えておきたいの。愛してるわ。万が一何かあったら、これを見て欲しいの。私、アイリス・アン・ウェストはバーソロミュー・ヘンリー・アレンを夫とすることを誓います。これからもあなたを敬い、慈しみ、病める時も、健やかなる時も愛し続けます。死が2人を分かつまで。

そして絶望と悲しみに打ちひしがれながら激しき慟哭。

フラッシュ ネタバレ シーズン3 第22話の感想

えっ?えっ?嘘、えええええーーーーーーー!アイリス死んじゃった。
心のどこかで最後には助かるんだろうな、とか思っていた部分があっただけに、かなりの衝撃度。そして鼻水が止まりません。マジですかぁーー。

まさか、『あの時点での未来』が再現されることになろうとは。一体、これからどういう展開になってしまうんだろう?想像もつきません。

過去に戻って、もう一度やり直したりするのかな? いやもうそんなことはしないだろうな。だとすればどういう展開がシーズン3の最終話には待っているんだろう? もう早く次が見たくてどうしようもありませんw

けど、その前に2つほど気なる点が。
シスコとキラーフロストの対決が途中で終わってしまっているので、そこからのつながりになってるんですかね? あるいはシスコとの別れ際、ちょっと表情とか動きやセリフが何かを決意していたような雰囲気だったHRが何かを用意していて起死回生となったりするんでしょうか?

でも、アイリス死んじゃったしな。どうなるんだろ?ホント。もうここらへんで筆を止め、早速最終エピソードを見たいと思います。