動画廃人

海外ドラマをネタバレであらすじと感想記事を主に書いてます。。

【ドラマ】グリッチ ネタバレ シーズン1 第6話(最終話) 「限りあってこその命」 あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:douga-haijin:20171114202842j:plain

いよいよグリッチもシーズン1のファイナルとなってしまいましたが、今までの謎がある程度回収できるところまでストーリーが展開していくことになるんでしょうか?それとも新たな謎が生み出されることによってシーズン2への期待値が益々あがることになっていくんでしょうか?

さっそくシーズン1のあらすじを追っていくことにしたいと思います。

グリッチ ネタバレ シーズン1 第6話(最終話)のあらすじ

いきなりマリアの死体映像からのスタートとなり一瞬えっ?みたいな気持ちになりましたが、カルロのように死んだとしても灰にならずきれいな姿のままでのご遺体です。のちにカースティとチャーリーが丁寧に埋葬することになりますが、もしかすると復活なるか。

ケイト

所変わってサラによって家宅侵入の罪をきせられたケイトが、バイクに乗っているところをジェームズの同僚クリスに止められてしまいます。しかし、それまでケイトが生き返ったことを知らされていないクリスは、ケイトがヘルメットをとり顔がみ瞬間、驚きを隠せません。

そのご、クルマの中へ移動し、互いに昔から知り合いだっためケイトが気になっている両親のところへかわりに電話をかけてもらうことに。

f:id:douga-haijin:20171114220529j:plain

そこでケイトは両親が元気に暮らしていることを確認することができ嬉しさと安堵感がこみ上げてきます。その後クリスはケイトのことを病院に連れて行こうと町を出ようとしますが、やはり橋の上に来たところでケイトの目からは血が流れ出し苦しそうな状態に。そこで、やっとクリスはクルマを引き返し病院につれていくことを断念するわけですが、心配からかケイトを牢屋に入れてしまいます。

ヴィック

前回のエピソードで大怪我をしてしまったヴィックですが、どうやら開放骨折とかいうものらしく放っておいたら死に至る可能性もある危険の状態のようです。ジェームズがマリア件やヴィックが掴んでいる情報など色々と聞き出そうとしますが、脚のケガにより錯乱状態に陥っておりとても話せる状態ではないため、とりあえずエリーシャがモルヒネを打ち、ヴィックを落ち着けせることに。

そして手術をエリーシャが執刀し、助手を元看護師のケイトがすることになるわけですが、手術が無事に終わり外で手袋を清潔にしに向かったところで、それまで自分の理想の姿を思い描いて理想の人生を送るようにしないさい、みたいなことを言っていたエリーシャが、「もう殺しはしたくない」というジョンに向かって「あなたは、やるべきことをするわ」を言い、暗にヴィックを殺して!と。

ヴィックの掴んでいる情報が漏れるのを嫌ったか、はたまたケガが治ったら皆が殺されてしまうからという理由からなのか分かりませんが。このエリーシャの変化にとまどいを見せるジョン。

f:id:douga-haijin:20171114223018j:plain

そういった精神状態のまま再びヴィックの元へ戻るジョン。そして手術で使ったメスを手に握りしめヴィックを殺そうとしますが・・・・・。

もうすでにジョンが何をしようとしているか悟っていたヴィックは、「エリーシャが嘘をついてジョンや皆を操っているんだ、その証拠に俺のベルトを見ろ、これはお前のものだ。エリーシャの荷物の中から出てきたものだぞ。エリーシャはそれを隠していたんだ」と。

そして何か鉄製のものを取り出し、それを吹くと、なぜか蘇生者の皆が、その音に聞き入り涙を流す者も・・・(これはちょっとイミフです。)ジョンは自分が死を望んでいたことを思い出す。

そこで追い打ちをかけるようにヴィックは全てを終わらせよう。それにはお前の協力が必要だ、と持ちかけ、その後蘇生者の皆をクルマに連れ込み、強引に橋を渡らせようとします。その時、ヴィックの脚はあまりにも早いスピードで回復している為、すでに少しは歩ける状態になっていた様子。

f:id:douga-haijin:20171114230143j:plain

ヴィックの目に余る暴挙を見てジェームズはついにヴィックを射殺。

まるで人が変わってしまったかのようなヴィックではありますが、長年ともに仕事を一緒にしてきた仲間。それを自分が撃ち殺してしまったジェームズは少なからずショックを受けている様子。すると、その様子を見たエリーシャは「もうカレは本物のヴィックではなかった。事故の時に死んでいた」ことをジェームズに告げる。(なぜ?どの時点でエリーシャは知っていたのかは不明)

サラの出産

時が同じ頃、サラは陣痛がくるようになり出産準備のため病院に入院することに。そして無事に元気な女の子を授かり泣きじゃくって大喜びする二人なのですが、その喜びも束の間、サラの出血が止まらず危険な状態に。どうやら子宮が正常に収縮していないようだ。

f:id:douga-haijin:20171114231603j:plain

そのまま緊急手術となりますが、母体を守るために子宮を摘出可能性があるとのこと。手術中、祈るような気持ちでサラの無事を待っていたジェームズに「彼女は無事だ」との報告にほっと胸をなでおろします。ただ子宮は切除する結果に・・・。

面会は可能とのことなので、サラの側で語りかけていると、先程の医師が再び現れ、手術中のある出来事を話してくれます。

医師曰く「彼女は仮死状態だった。彼女は一度は死んだが、息を吹き返した」と・・・。

その言葉を聞き、動揺を隠せないジェームズ。さらに携帯を確認すると1件のメッセージがはいっており、そこには衝撃的な内容が残されていたのです。「エリーシャはすでに4年前に死んでいる故人だ」と。

一方、エリーシャはノアガードの薬をバックに詰め込み、どこかへ去っていってしまうのでした・・・。

パディ、ボー

パディは自分の存在意義と生き返った目的をさぐろうと警察手帳を盗んだりするのですが、途中ボーの携帯にパディが墓の中から這い出てきた映像が残っていることを知らされ、ボーの携帯を奪ったジェラルド家のローリーのいる場所へ向かいます。

何とかボーの携帯をローリーから取り戻そうとパディが突如、強硬手段に訴え、ローリーの首元にナイフを突き刺します。そして、そこでフラッシュバックが起こり、パディは自分の身内に殺されてしまったことを思い出す。しかも息子に首を切られ妻は、自分が死んでいくところを隣で眺めていたことを。

その後、動揺を隠しきれないまま、一人になり野営しているとドレスの中に何かを縫いつけていた映像が蘇り、側においてあった古いドレスをしベルト、そこには、かつて自分が書いた遺言状が隠されていたのです。

f:id:douga-haijin:20171114234922j:plain

グリッチ ネタバレ シーズン1 第6話(最終話)の感想

マジ!? そうきたかーーーって感じで終わってしまいましたが、まさかエリーシャもすでに死んでいた人だったとはね。多少は予想出来ていた部分ではありますけど、ビックリです。

けどそれって、とどのつまり最終的にはジェームズとその同僚クリス以外、全員死んでしまった(死んでいた)人だってことになるじゃないですかっ!

死人というか蘇生者ばかりに囲まれたジェームズさん、お気の毒さまですw
これで奥さん二人とも蘇生者になってしまいましたね。
サラに関しては100%確定しているわけじゃないので断定は出来ませんが・・・。

エリーシャに関しては町からの脱出ルートを探ろうとしていた時に一緒に橋の上にいたりしてましたよね。エリーシャも一度は死んだ人間なんじゃないのかなぁ~とは思ってみてもエリーシャは橋の上に行っても目から血が出ることもなく平然としていたのでが生きている人なんだろうな、と思わせる部分だったのに。

注射かなにかで安全圏を伸ばすことができるのかもね。

それはそれとしてノアガード! やっぱりこの度の奇怪な事件の裏側に潜んでいそうですね、というか張本人っぽい匂いがプンプン。どこでどうやって聞きつけたのか?(エリーシャから連絡が入っていた?)ヴィックの血液を採取してサンプルとして持ち帰っていましたもんね。いったいどんなクスリ?ウィルス?を使って死者を復活させたんだろう?

そして、どうしてシーズン1で登場した人たちを選んで復活させたんだろう?その理由が知りたい。

いぜれにせよシーズン2が配信スタートしてくんないことには頭の中のもやもやが収まりそうもありませんので、早くシーズン2を見たいもんです。